闇金を撲滅

闇金は違法業者ですが、減る様子がないのは不思議です。どうしてでしょうか。
答えは簡単です。借りる人がいるためです。闇金で借りる人は、他の信販会社等でお金を借りることができない人です。一般的に信販会社等でお金を借りて支払遅延を起こしてしまうと個人信用情報機関に支払遅延事績がある旨の登録がされてしまいます。この登録がされると、大抵どこの金融機関も相手にしてくれません。最近はこのような人に対しても貸し付けをする信販会社がありますが、既に借入金の残高があると総量規制の関係で追加貸付ができないことが多いのです。とはいえ、お金が必要なことは間違いないので藁にもすがる思いで闇金に頼るのです。
しかし、闇金の摘発をニュース等で聞くことが少ないのはどうしてでしょうか。
消費者金融 おすすめ
闇金は社会問題化していますが、摘発しようとすると証拠が必要ですし、相手の所在を突き止める必要があります。多くの闇金は携帯電話ひとつで商売をしていますし、その携帯電話も債務者の名義で作ったものが多いのです。相手を特定することが困難なため警察も手が出しにくいのが実情です。また、暴力的な取り立ても社会問題化している原因ですが、罵声を浴びせたり嫌がらせをすることが彼らの常套手段です。しかしこれらの行為を証拠として立証することは結構難しいのです。違法行為や暴力行為として立件するには証拠が必要ですが、彼らも弁護士を雇って自衛していることは覚えておくべきでしょう。
では、闇金をなくすためにどうすればいいのでしようか。
闇金をなくすには、借りないことが一番です。金融事故を起こしてしまい借金を返せない状態になったら躊躇せずに自己破産の申請をすることです。闇金の被害にあう前に自分の更生が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です