なんでもまとめれますか?

リボ払い 危険
おまとめローンを取り扱っている金融機関は多くありません。従来からおまとめローンを前面に出して宣伝をしている銀行もありますが、その数は多くありません。金融機関にとっておまとめローンを申し込む顧客はあまり歓迎すべき顧客ではないためです。
金融機関は、一般的に貸金回収を重視します。おまとめローンは、それなりの元本があるため利息収入も得られますし、利率自体高めに設定しても問題なく顧客は集まります。しかし、おまとめローンの申込者の多くは多重債務者の予備軍であり、必ずしもその全員が完済できるとは限らないのです。せっかく借金を一本化しても、その後に消費者金融から借りたり、限度オーバーになると闇金に手を出してしまったりする人が少なくありません。金融機関はそのようなリスクを嫌がるのです。特に銀行の場合、通常はそのような顧客に融資をすることはありません。
もっとも、ただ単に少額に設定された限度額のカードローンを複数持っており、これを一本化しようとする場合は話が別です。この場合、現在持っているカードローンの中で一番限度額が高い消費者金融に相談すれば、総量規制の範囲内で限度を上げてくれるでしょう。この場合、利率は下がりますし返済も毎月1回になるので支払が楽になります。
とはいえ、総量規制の融資残高をオーバーしてしまった人はおまとめローンに頼るしかありません。最近は銀行だけではなく、大手信販会社もおまとめローンを始めています。多重債務が増加しているのに、総量規制のおかげで対処できなかった消費者金融でもおまとめローンができるようになったことは、何かと敷居の高い銀行を使わなくて済むようになったという点で使いやすくなったと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です